« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

楽しみは

Cimg0216

そろそろベランダの植物をリニューアルしたい・・・と、今月は週末ごとにホームセンターの園芸コーナーへ

新しい苗を買っては鉢に植え、この週末はハンギングバスケットや鉢の植え替え、鉢の配置替えも思い切って。

作業中は、帽子・タオル・手袋・マスク着用で、日焼け・手荒れ・花粉を予防しましたが、オリーブやつるバラの大鉢まで動かしたり、土をふるいにかけたり、再生材や腐葉土を混ぜたりで、腕・足・腰が痛い、痛い

例年3月末締めの職場外の原稿があって、短いなりにいろいろと読み直さないと書けないので、このタイミングでの作業はしづらかったけれど、今年はなぜか締切が4月半ば。

それなら・・・ということで、一気に作業しちゃいました

今月、ベランダに仲間入りしたのは、

バラ苗

  • ポールセンローズ パレードシリーズ アポロ(上の写真)
  • ミニバラ ピーチジャム

ハーブ苗

  • ヤロウホワイト
  • ヤロウレッド
  • セントジョーンズワート
  • ローズマリー マジョルカ・ピンク
  • ローズマリー ミス・ジェサップ
  • ローズマリー ペネルデンブルー
  • ローズマリー トスカナ・ブルー

園芸種苗

  • ネモフィラ
  • ビオラ 8ポット

種まき

  • ロケット
  • バジル
  • サラダバーネット
  • エンダイブ グリーンカールド
  • レタス アメリカンルートランド

新年度の仕事が始まる前から、

「考えただけで疲れますねー」
「早くゴールデンウィークにならないかなー」

と話せる人とは話してますが、明日から日々変化していくベランダを楽しみに、乗り切っていけたら・・・と思います。

Cimg0215

2013年3月28日 (木)

皮下輸液54回目

今月半ばでパセリの皮下輸液歴も丸1年。

エナカルドとマイメジンの服薬歴は丸2年になりました。

毎週通院していると、いろいろな動物と人を見かけますが、昨日も診察終了20分前に動物病院に着くと、黒のラブラドールを連れたご一家がいて、お会計待ち。

私が座ってバスケットのフタを開け、パセリをなでていると、小学3年生くらいの男の子が近寄ってきて、

「ネコですか?」
「うん」
「見ていいですか?」
「いいよ。この子ね、もうすぐ19歳」
「19歳? わあ・・・」

と自分より年上のパセリに感嘆のまなざし。

パセリを驚かすような大声を出すこともなく、感心な子でした。

診察室では、いつもの皮下輸液とビタミン注射。

毎週通うようになって、輸液中にちょっとした雑談もするので、先生は私の仕事や病歴もご存じ。

「この時期はお忙しいですか?」

と私までいたわられ、例年、人や役目の変化がある年度始めは、かなり疲れてしまうので、パセリともども通える体調でいなくちゃ・・・と思ったりしました。

2013年3月26日 (火)

流し目

Cimg0204

今月中旬、そろそろ買い換えなきゃ・・・と思っていたデスク用チェアとリビングのソファを見に行きました。

デスク用チェアは、同行者に手伝ってもらって、当日持ち帰って組み立て。

オットマン付きのソファは、納品に2週間ほどかかるということで、昨夕配送。

その場で組み立て、設置してもらいました。

その間、パセリは傍のケージの上にいて、キューブハウスの入り口から顔を出し、

「ニャー」(誰ー?)
「ニャー」(何しに来たのー?)
「ニャー」(それ何ー?)

としきりに聞くので、

「新しいソファ、持ってきてもらったの」

作業中のお兄さんたちには、

「気になるみたいで・・・」

と説明

引き取ってもらった前のソファは布張りで、2005年に亡くなったミントが手すり部分で爪とぎし、近頃になってパセリも跡を継ぎ、ほつれがかなり目立っていました。

写真は、新しいソファの座り心地を確かめるパセリ

「今度はどう?」

と聞いたら、こんな流し目で答えてました。

2013年3月23日 (土)

がんセミナー

Cimg0192

無料のがんセミナーに行ってきました。

演題は、

第1部 「福井県のがん対策について」、「福井県立病院における陽子線がん治療」
第2部 「私の流儀~超多忙に生きるために~」

という2部構成。

Cimg0196_2

陽子線がん治療の話は、1月の病院主催の公開講座より詳しく、第2部との間の休憩時間に質問も受け付けるとのこと。

せっかくなので、先日の新聞(治療対象に乳がんの追加を目指す)を読んで、知りたかったことを質問しました。

  1. 2015年度から乳がんも治療対象になる?
  2. 手術の場合、切除した組織の病理診断をもとに補助療法を選択するが、切除しない陽子線治療では、治療前の針生検やマンモトームの診断で補助療法を選択する?
  3. 治療対象となる乳がんの種類や大きさは?
  4. 非浸潤がんも対象となる?
  5. 非浸潤がんが乳管内伸展している場合は?

まだ予定ということなので、伺ったことを書くのは控えますが、

「私は2度手術して、2度目は全摘で再建したんですけど、乳がんの場合、陽子線治療が可能になれば、整容性の面でもメリットが大きいですね」

と言ったら、そうなるように実績を積み重ねていきたいとのことでした。

1_20130323_2230_3

第2部は、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんによる80分の講演。

高校受験、大学受験、就職試験の際、嫌いな努力をせずに合格し、記者として戦場に行った際も、弾は当たらず、地雷も踏まず、「俺はついている」と思ったという鳥越さん。

昔から、集中力と好奇心、直感を流儀として、「ついている」人生だったので、自分ががんになるなんて考えたこともなかったそうです。

でも、日本人の2人に1人はがんになり、3人に1人はがんで亡くなる時代。

がんによる死亡の1位は、男性が肺がん、女性が大腸がん。

そこから、なぜ女性の1位が大腸がんなのか、自分の大腸がんの体験談から考えてほしいという話になりました。

2005年の夏、鳥越さんは、便器の水が2度ほど赤黒く染まり、その後、真っ赤に染まることがあったとき、「痔だと思いたい! でも、がんじゃないの?」という直感にしたがって、人間ドックを受けたそう。

一般的なドックでは大腸がん発見に唯一役立つ便潜血反応、精密検査として行われる大腸内視鏡検査、鳥越さんが選択した腹腔鏡手術について、会場の笑いも取りながら詳しく紹介したあと、先の疑問に対する考えとして、

「女性のがん死亡の1位が大腸がんなのは、発見が遅い、他の臓器に転移してから見つかるからじゃないか。内視鏡検査を行う医師の大半が男性で受けづらい、痛みがないと受診しないからじゃないか。でも、がんで痛むのはよほど進行してから。早期のがんは痛まない」

大腸がんと肺、肝臓への転移で4度の手術を受け、ステージⅣの患者でもある73歳の鳥越さんの立ち姿は、テレビで見るよりマッチョで若々しく、週に3回ジムに通い、仕事はがんになる前の3倍しているとのこと。

80分という講演時間は、話し下手な講師なら途中確実に居眠りしますが、あっという間に感じました

2013年3月14日 (木)

世界腎臓デー

毎年3月第2木曜は、腎臓病の早期発見と治療の重要性を啓発する「世界腎臓デー」。

わが家では、私もパセリも慢性腎臓病なので、健診を受けていないヒトとネコの皆さんは、早めに受けてくださいね・・・と言いたいと思います

さて、昨日はまたまたパセリの通院日で、仕事中に降り始めた雨が激しくなるなか、診療終了時間ぎりぎりに動物病院に行ってきました

先週は診てもらえなかったいつもの先生に、

「変わりありませんか?」

と聞かれ、

「はい。でも、また最近、ウァーオって大きな甲高い声を出すことがあって、気になってるんですけど」

まずは体重をはかってみましょうと、診察台の上のバスケットからパセリを抱き上げ、差し引きすると2.4kg。

「このところ2.6~2.5kgでしたから、ちょっと減ってますね。前に甲状腺の検査をしたときは大丈夫でしたが、高齢で腎臓病のネコちゃんの場合、甲状腺機能が亢進しても、それを治療すると、かえって食欲や元気がなくなったりするので、腎臓や心臓、貧血、全身状態との兼ね合いをみながらですね」

というわけで、今回は血液一般検査と血液化学検査を。

結果は、BUNが44.5(基準値 17.6~32.8)で前回より高く、Creは2.5(基準値 0.8~1.8)で前回とほぼ同様、軽度の貧血も変わらず、肝機能は異常なし。

一昨年3月にエナカルドとマイメジンの内服を始めてから、前回の数値が最もよかったので、BUNの上昇が気になりますが、引き続き様子を見ていくことになりました。

採血の間、バスケットから出されて保定され、「ンー」(いやー)と言っていたパセリは、終わるとさっさとバスケットに入り、保定なしで皮下輸液を。

その間、

「聞こえが悪くなって、大きい声が出ることもありますか?」
「人間のような聴力検査はないんですけど、聞こえが悪くなると、人が傍に来るまで気づかずに、吃驚して大きい声を出すことはありますね」
「ちょっとあるかもしれません」

診察室を出ると、以前よくお会いした同病のネコちゃんと飼い主さんがいました。

前に伺ったときは、具合が悪くなって連れてきたら即入院となり、退院後はしばらく毎日、それから毎週1回、皮下輸液に来ているというお話でしたが、その後、月1回くらいしか来なかったら急に食べなくなり、今は毎日朝夕に来ているとのこと。

ヒトもネコも、慢性腎臓病の治療は、低下していく腎機能の保存を目標に長く続けなければならず、経済的にも時間的にも精神的にも負担が大きいのですが、

「元気に見えても、ちゃんと連れてこなあかんかったんやねぇ・・・」

とおっしゃったのが、その大変さもわかるし、つらかったです

2013年3月 8日 (金)

覚え書き

2日付の福井新聞に、こんな記事が載っていました。

県は2015年度内を目標として、県立病院陽子線がん治療センターの治療対象に乳がんの追加を目指す方向を明らかにした。実現すれば、陽子線による乳がん治療は全国初となる。(略)

同センターは前立腺がん、肝細胞がん、肺がん、頭頸部腫瘍(喉頭がんは除く)、転移性腫瘍(肺、肝臓、骨など)の5種類を対象として11年3月に治療開始。食道がんについては抗がん剤治療との併用治療を確立し、12年12月に対象に追加した。

陽子線治療では他の放射線に比べて集中的にがん細胞を壊すことができるが、正確に照射位置を合わせる必要がある。乳がん治療には、患部を固定するための新たな技術や器具開発が必要となっており、15年度をめどに研究を進める。

県地域医療化によると、陽子線がん治療施設は全国に7ヵ所あり、いずれも乳がんは対象外。鹿児島などの施設で研究はされているが、実施時期は示されていないという。

「切らないがん治療・通院で治療できます」がキャッチフレーズの陽子線治療。

前立腺がんを陽子線で治療した高齢患者さんのインタビューを、テレビで見たことがありますが、

  • 全身麻酔が必要な手術を受けずに済み、身体的負担が少なかった。
  • 通院治療で済んだことで、本人・家族の生活面での影響が少なかった。

というメリットを挙げていました。

ただ、現在は公的医療保険の対象となっていないので、治療費は全額自己負担。

照射回数によって、240万、250万、260万円と3段階設定(1年以上の県内居住者には25万円の助成あり)で、がん保険等の先進医療特約を付けていないと、経済的負担はかなり大。

2012年度に治療を決めた患者さんは、2月22日現在で134人、県外患者さんが半数の67人と、「切らないがん治療」のために遠方から来られる方も多いよう。

乳がんが対象になったら、切らないことで整容性が保たれるというメリットもあるよね・・・と、テレビを見たときも思っていましたが、治療基準を満たし、治療費を支払える人には、選択肢が増えることになりそう。

もし自分が・・・と仮定すると、実績がこれからという点や、術後の病理診断がない点に不安も感じますが、導入の際にはそのあたりも説明されるのでしょう。

乳がんの手術や乳房再建は、陽子線治療を受けない人のものになる日が、そのうち来るのかしら・・・と思った記事でした。

2013年3月 6日 (水)

皮下輸液51回目

家を出たのが18:15(診療終了45分前)だから、混んでいないと思った動物病院。

到着すると、病院横の駐車場は満車で、併設のペットサロンの駐車場にとめました

急病のワンちゃん・ネコちゃんが多かったようで、40分ほど待ったとき、

「○○さん、W先生はまだ時間がかかりますので、今日はいつもと担当が違ってもいいですか?」

と聞かれたので、

「あ、はい」

と答えて診察室に入ると、院長のS先生。

カルテを見ていた先生に「よろしくお願いします」と言って、診察台に置いたバスケットのフタを開け、毛布をめくると、

「お、もう慣れてるのかな?」
「はい、毎週点滴をするようになって、今月半ばで1年ですし」
「そうですか。いま18歳? 頑張ってますね」
「はい、保定要らずで、いつもこのまましていただいてます」
「じゃあ、同じようにします。ごはんは食べてますか?」
「今週はよく食べました」

先生のお宅の17歳のネコちゃんも、そろそろ輸液を始めないといけないと思われているそう。

「やっぱり腎機能が低下してますか?」
「ネコは高齢になるとどうしてもね。痩せてもきますし」
「この子もだんだん痩せて、ここ数年はなんとか2.6kgをキープしてます」
「毛足が少し長いから、もっとふっくらして見えますね。お家では元気にしますか?」
「はい、まだこのくらいの台ならジャンプしますし」
「それは立派ですね。頑張ってますね」

と何度も「頑張っている」と言われたパセリでしたが、いつもと違う先生なので、「ニャー」と割り込むこともありませんでした

私も昨日、仕事帰りに2ヵ月に1回の腎臓内科クリニックに行きましたが、特に変わりはないので、薬(アダラート:朝、オルメテック:朝夕、スプラン:朝昼夕)もいつもどおり。

と思ったら、帰宅後に突然、鼻水が出始め、今日もティッシュを大量消費

「ついでに、鼻炎の薬も出してもらえばよかった・・・」

と思いましたが、また行くのも面倒なので、市販の薬でごまかしてます。

2013年3月 4日 (月)

老女の夢

寝ている間に見た夢は、起きたときにはたいてい忘れちゃってます。

覚えているのは、ちょっと変な夢。

昨年4月に見た「火事の夢」は、燃えている家の中に同年代の女性が寝ていて、起こしても起こしても起きないので、腋の下に手を入れて引きずり出した・・・というもの。

今のマンションじゃないけれど、自分の家と思っていたので、救出したのもされたのも、どちらも私なんだろうな・・・と妙な感慨がありました

昨日見た夢は、荘子の「胡蝶の夢」ならぬ、まちこの「老女の夢」。

現在の私が何か(何だったか忘れたけど)していると、ふと目が覚めて、ロッキングチェアにもたれています。

一瞬混乱したあと、「ああ、昔の夢を見ていたのね・・・」と、老斑が浮いた手を眺めて思っています。

次の瞬間、夢の中の自分と老いた自分を繋ぐ記憶がないことに気づき、老いた自分が現実なのか、夢の中の自分が現実なのか、老いた自分が現実なら、その空白の時間は何をしていたのか、思い出そうとしていたところで覚醒。

昔者荘周夢為胡蝶。栩栩然胡蝶也。
(昔者荘周夢に胡蝶と為る。栩栩然として胡蝶なり。)

自喩適志与。不知周也。俄然覚、則蘧蘧然周也。
(自ら喩しみて志に適えるかな。周たるを知らざるなり。 俄然として覚むれば、則ち蘧々然として周なり。)

不知、周之夢為胡蝶与、胡蝶之夢為周与。
(知らず、周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に周と為れるかを。)

周与胡蝶、則必有分矣。此之謂物化。
(周と胡蝶とは、則ち必ず分有らん。此を之れ物化と謂う。)

ウィキペディアの「胡蝶の夢」にある最後の行の訳文は、

荘周と胡蝶とには確かに、形の上では区別があるはずだ。しかし主体としての自分には変わりは無く、これが物の変化というものである。

「火事の夢」もそうですが、年度末の3月から年度始めの4月には、仕事について考えることも多いし、初発と局所再発の乳がんの手術前だったこともあってか、こんな夢を見ます。

客観的に見れば、片方は「それじゃあ、困る」という自分

でも、否定できないから出てきたのかと思って、「どちらの自分も、やっぱり自分」と一緒に受け止めると、全体として不快な夢じゃなく、「今は、今できることを・・・」という気分に。

パセリの「ンガー」(起きなさーい)で布団から出て、まだ半分寝ぼけた頭でそんなことを考えました。

2013年3月 2日 (土)

最近読んだもの

近頃、さっぱり読書ネタを書いていないのは自覚してましたが、前に書いたのいつだっけ?・・・と「読書」のカテゴリーをクリックしたら、昨年3月18日の記事が最終。

しかも、正確には読書ネタじゃなく、津村節子さんの対談を聞いて『遍路みち』を読もうと思ったというものでした

で、その後のほぼ1年分を思い出すのは無理なので、最近読んだものを挙げてみると・・・。

外村繁『澪標・落日の光景』(講談社文芸文庫)

小島信夫『抱擁家族』(講談社文芸文庫)

この2冊を読んだきっかけは、鳥取大学の山崎賢二氏の事例報告「闘病を描いた小説詩歌」(『医学図書館』2004;Vol.51 No.2)と「ケアのナラティブ:ケアを描いた手記小説詩歌と感情表現のデータベース化」(『医学図書館』2006;Vol.53 No.2)を目にしたこと。

こういう取り組みをしている方がいらっしゃるのね・・・と思いながら、データベースの病気別分類を見て、前者は初めて、後者は久しぶりに読みました。

どちらも主人公の妻が乳がんですが、後者はいわゆる闘病小説じゃなく、データベースを見て、ああ、そういえば・・・と。

「澪標」「落日の光景」(1960年)の主人公が上顎がん、妻が乳がんなのは、外村繁と妻がそうだったから。

「抱擁家族」(1965年)の主人公の妻が乳がんなのは、敗戦から20年経ち、変容する日本の家庭の悲喜劇を描くのに、若い米兵と妻の浮気や不具合だらけの新築の家と並んで、表象として必要だったから。

小島信夫の妻も乳がんでしたが、作中の中年夫婦のジェンダー・トラブルの表象としては、男女ともに多い胃がんや大腸がんでは具合が悪かっただろうし・・・と思いました。

それで、次に読んだのが、

山崎明子ほか『ひとはなぜ乳房を求めるのか-危機の時代のジェンダー表象』(青弓社)

視覚文化史、美術史、ジェンダー史などが専門の、著者5人の論文が収録されています。

その乳房表象の分析対象は、西欧の古典的医学言説、現代日本のピンクリボンキャンペーン、戦時下の日本映画、近世イタリアの視覚表象、戦後日本のポルノ映画と、各人各様。

山崎明子「美の威嚇装置」は、東京のピンクリボンフェスティバルが2005年に始めたデザイン大賞のポスターの分析を通して、既存の意味に回収されない新たな乳房イメージの創出の困難さを論じていて興味深かったです。

学生の頃から定期的に通院している私は、病気=悪、醜、他者 / 健康=善、美、自己という二項対立の価値観になじめず、乳がんになったときも「まさか自分が・・・」とは思わなかったぶん、精神的に救われた気がします。

その種の価値観は巷にあふれているし、乳がんになる可能性は誰にでもあることを訴えるピンクリボンキャンペーンも、まだ乳がんになっていない人を啓発対象とすることで、すでに乳がんになった人を他者化していて、上の二項対立を変えにくいことを改めて考えました。

岡田尊司『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』(光文社新書)

同じ著者の『母という病』を検索したとき、こちらのレビューも気もなったのがきっかけ。

子ども時代に母親(やその代わりとなる特別な一人)と愛着関係を築けず、「安全地帯」を持たないまま大人になって、生きづらさを抱えている/いた人々の話で、オバマ大統領やクリントン元大統領、S・ジョブズ、A・ヘミングウェイ、M・エンデ、夏目漱石、谷崎潤一郎、太宰治、種田山頭火など、有名人がズラリと登場。

父母や自分の親との関係を考え合わせ、なるほどという部分も多くありましたが、小説や詩歌を患者のナラティブのように読むのはどうなんだろ・・・と思うところも。

 

西成彦『世界文学のなかの「舞姫」』(みすず書房)

森鴎外「舞姫」は、妊娠し、精神を患ったエリスをベルリンに残し、再びエリートとして日本へ帰ることになった太田豊太郎が、サイゴンに停泊中の船で書いた「手記」という形をとった小説。

帰国した鴎外のイメージもあって、豊太郎も帰国したという前提で読みがちだけど・・・という内容で、です・ます体で書かれている「理想の教室」シリーズの1冊。

昔、「舞姫」を習った人には面白いかも。

夢野久作『少女地獄』(Kindle版)

少し前に購入したKindle Fire HD 16GBで、無料本をダウンロードして読んだうちの1冊。

青空文庫の本文はPCでも読めますが、Kindleだと机を離れて読めるのが便利です。

長くなったので、とりあえずこのへんで

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

まちこの現代語訳

まちこの文学散歩

  • 芭蕉句碑
    文学碑、墓所、記念館、作中の舞台など、文学散歩のアルバムです。

まちこの小庭

  • シナモンバジル
    バラとハーブが中心のベランダ・ガーデニングのアルバムです。

クロエとクレアのドライフード

  • ニュートロ ワイルドレシピ アダルト チキン
  • ニュートロ ワイルドレシピ アダルト サーモン 
  • ニュートロ ワイルドレシピ アダルト 白身魚

クロエとクレアのウェットフード

  • ニュートロ デイリーディッシュ
  • 無一物 まぐろ
  • 無一物 かつお
  • ロイヤルカナン インスティンクティブ グレービー
  • シシア キャット ツナ&チキン&ライス
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • 何も入れないささみだけのたまの伝説
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • 何も入れないかつおだけのたまの伝説
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • 何も入れないまぐろだけのたまの伝説
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • アボ・ダーム キャット セレクトカット ツナ&チキン缶
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

クロエとクレアの薬

  • 整腸剤 犬猫用 ビオイムバスター錠

リンク